CO-CONV CO-CONV

CO-Colorsほたて

CO-Colorsほたて

端末教室は『CO-Colors ほたて』で、誰にでも簡単に運用できます

学校の端末教室などに導入される共有端末の運用は、台数に比例して管理者の負担が大きくなります。『CO-Colors ほたて』なら、端末の台数に関わらず、誰にでも簡単に共有端末の環境を統一できます。

端末教室の 5 大要件

  • 統一
    授業のために、ユーザーの端末環境が「統一」されていること
  • 更新
    システムのセキュリティを高めるために、端末環境を頻繁に「更新」できること
  • 復元
    いつでも安定して動作するために、端末環境が「復元」すること

  • 切替
    授業内容やテストにあわせて、端末環境を多用途に「切替」できること
  • 高速
    端末は、いつも「高速」に起動・動作し、その速さがいつまでも維持されること

端末教室に最適な
『CO-Colors ほたて』のネットブート

  • 多数のディスクイメージと多数の端末の管理を誰でも簡単に。
  • ディスクイメージの更新内容は、端末の再起動により即座に反映。
  • 1台の端末で、複数のディスクイメージを即座に切り替えて利用可能。
ネットブート

特長

機能的で使いやすいディスクイメージ管理コンソール

端末運用を任される管理者にとって、日常的な作業の大部分を占めるのが、ディスクイメージの更新と端末へのイメージ展開です。『CO-Colors ほたて』のコンソールは、この端末運用の現場を最重要視し、管理者の作業を極限まで減らすように工夫されています。これにより、ネットブートの特長である「ディスクイメージの更新内容を即座に端末へ反映できる」という利点を最大限に活かしながら、数十種類・数百世代のディスクイメージと数千台の PC のメンテナンスをいつでも・直感的に・迅速に実施できます。

ディスクイメージ管理コンソール
  • 運用中の端末の動作に影響を与えることなく、いつでも更新作業が可能。
  • 基本操作は「更新対象のイメージと作業用端末を選ぶ」「更新を終了する」の2つのみ。 その他の細かな作業はすべて自動化され、オペレーションミスを排除し、待機時間をゼロに。
  • タッチ操作に最適化されていて、タブレットのブラウザからでも利用できる。

電源ON からログオン完了まで約60秒

起動時間約60秒!端末キャッシュ約20GB!トラフィック99%削減

電源ON からログオン完了まで約60秒

ネットブートでは、サーバーやネットワークへの負荷集中を避けるために、端末のキャッシュを利用します。『CO-Colors ほたて』の端末キャッシュは性能が高く、約30GB という必要最小限のキャッシュで 99%以上のネットワークトラフィックを削減し、サーバーやネットワークに負荷を集中させることなく数百台の端末の一斉高速起動を可能にします。

グラフィカルなブートメニュー

グラフィカルなブートメニュー

複数のディスクイメージを端末に割り当てると、端末起動時にブートメニューが表示され、ユーザーが選択したディスクイメージで起動できます。ブートメニューの表示内容は、画像や日本語を利用して自在にカスタマイズできます。

  • タイマーの表示、タイムアウト時の 起動・シャットダウンの設定が可能。
  • 起動画面でユーザーに向けてメッセージを発信することも。
グラフィカルなブートメニュー

Windows10 の Feature Update や UEFI のセキュアブートに対応

Feature Update、UEFI のセキュアブートに対応

UEFI の標準機能であるセキュアブートを活用して、端末のセキュリティを強化します。また、Windows10 の Feature Update を適用する専用ツールが、更新作業を容易にします。

端末のハードウェア障害から短時間で復旧

端末のハードウェア障害から短時間で復旧

ブートサーバーへの端末の登録と、端末の内蔵ドライブのセットアップ(パーティション構成)を、管理者権限を持たない現地保守員が実施できます。また、登録された端末は、サーバーからのイメージ配信を待つことなく即座に起動できるため、ハードウェア障害の影響を最小限に抑えます。

端末の内蔵ドライブ容量が不足しない

端末の内蔵ドライブ容量が不足しない

ネットブートでは、サーバー上のディスクイメージのうち、端末の起動や動作に利用する部分のみをキャッシュします。このときのキャッシュサイズは、大量のアプリケーションを使う環境であっても、わずか 30GB 程度に留まります。このため、ネットブートでは端末の内蔵ドライブ容量不足を心配する必要がありません。

  • ディスクイメージの大部分は使われないデータなので、端末側で保持する必要なし。サーバーと端末間のトラフィック削減と、端末のキャッシュ容量削減に効果大
  • 端末の内蔵ドライブに事前にキャッシュが溜まっていれば端末起動時の配信はほぼなし(数MB)
端末の内蔵ドライブ容量が不足しない

ワイヤレスでの端末運用に対応

『CO-Colors ほたて』で作成したディスクイメージは、キャッシュの設定変更のみで、通常の有線環境での利用 (ネットブート起動) に加えて、オフライン環境や無線環境での利用 (ローカルブート起動) も可能です。CBT など、任意のタイミングでオフライン起動を要するシステムに有用な機能です。有線 LAN を使えない環境においては、フルキャッシュ機能を活用して、無線でのディスクイメージ更新・配布も可能です。

ワイヤレスでの端末運用に対応
  • ネットブート環境で作成・更新したディスクイメージを、キャッシュの設定変更のみで簡単にフルキャッシュ。
  • フルキャッシュ用のディスクイメージの論理サイズは余裕を持って決められる。
  • フルキャッシュ用のディスクイメージは、必要なイメージ更新を終えたあと、消費容量が想定より大きくなった場合に端末側の容量に適するように調整可。